トピック

ベートーヴェンのコーヒーに関する新発見!コーヒー豆16粒の謎を解明(転載禁止!)

ベートーヴェンのモーニングコーヒー

以前、ベートーヴェンの飲んでいたコーヒーについて書きました。毎朝、几帳面にコーヒー豆を数えてコーヒーを淹れていたらしいですよ。その話題に関する記事は、リンク先をご覧ください。

\私たちも使ってます・オススメです/

ベートーヴェンの飲んでいたコーヒーの通説・コーヒー豆60粒

ベートーヴェンの淹れたコーヒーについて、記録したものがあります。それは、ベートーヴェンの無給の秘書・シンドラーの話として伝わっているのです。

このシンドラーはある意味興味深い人物です。彼については以前書いた記事をご覧ください。

ベートーヴェンのモーニングコーヒー|コーヒー豆60粒はウソ?細かく検証!実際にコーヒーも淹れてみたベートーヴェンは毎朝コーヒー豆60粒を数えコーヒーを淹れていた、という話の真相はどうか検証してみました。...

ベートーヴェンのコーヒーを深く調べた人々は、みんな悩んでいる16粒の謎

ベートーヴェンは毎朝60粒コーヒー豆を数えてコーヒーを淹れた、というのが、定説なのですが、一つの情報に「16粒」というものがあるのです。このために、ベートーヴェンの入れたコーヒー豆の数を調べている多くの人が「16粒?」と改めて驚き、悩んでいます。実際に「16粒」を数えてコーヒーを実際に淹れたブログ記事もありました(探究心がすごいですね)。

この「16粒」という情報は、「ベートーヴェン訪問」という本に書かれています。ベートーヴェンの肖像画を描いた画家のシーモンがベートーヴェンにコーヒーをご馳走になった話を、シンドラーが聞いた、という内容で書かれているのですよ。その時に「16粒」のコーヒー豆を使ったと記載されているのです。

僕の推測したベートーヴェンのコーヒー豆16粒のこと

僕の推論は、シンドラーがベートーヴェンがコーヒーを淹れる時のコーヒー豆の数に関して、「16」粒と「60」粒を聴き間違えたのか、または、記憶違いだったのか、というものでした。なぜなら、以下のように二つの数字の発音が似ているからです。

  • 16          sechzehn         ゼヒツェーン
  • 60          sechzig          ゼヒツィヒ

これは、発音が似ていますよね!この話はリンク先にもあります。

しかし、ちょっとまてよ!

シーモンもシンドラーもドイツ語のネイティブスピーカーです。僕のように外国語として聞くのと、彼らの判断は違うはず。

もしかしたら、訳した日本語の本が間違っているのではないか、と考え始めました。

英語の情報にベートーヴェンのコーヒー豆16粒はない

英語のサイトで、ベートーヴェンのコーヒーについて調べました。ベートーヴェンがコーヒーを淹れるにの、コーヒー豆16粒使ったという記載がないのです。

世界中の情報で、大事なものは全てといっていいほど英語の文献の中にあります。

英語の情報でこの「コーヒー豆16粒」がないということに、とても大きな疑問を持ちました。

そして、これは、やっぱりドイツ語原本から翻訳するときに間違ったのでは、、、と思い始めましたが、考えれば考えるほど謎は深まります。

誤訳判明! こんなこともあるんだ!

どうしても自分で確認したいので、上記「「ベートーヴェン訪問」著者ヒュルリマン」 」という本の原書を手に入れました。

1948年、昭和23年、戦後間もない頃にスイスで出版された本なのですよ。僕の手にしたものは、初版本のようでかなり紙が焼けていました。

なんと、そこにはベートーヴェンの淹れたコーヒーは「60粒」のコーヒー豆によると書いてあるじゃないですか!

つまり、60        sechzig   (ゼヒツィヒ)です。

Besuch bei Beethoven / Martin Hurlimann 1948 より 83ページ(写真転載使用禁止)

83ページ にしっかりコーヒー豆、60粒と書かれていますね。日本語版の訳者は、酒田健一さんという早稲田大学文学部教授の方です。

誤訳でした!

こんなこともあるんですね!自分でも驚きました。

以下、参考にしたドイツ語の本の中表紙と目次(画家のシーモンの証言「コーヒー豆16粒の話」は83ページ目に書いてあります)

 

日本語版「ベートーヴェン訪問」

「ベートーヴェン訪問」 M.ヒュルリマン編 酒田健一訳 白水社 116ページより

(写真転載使用禁止/このブログは白水社さんの許可を得て添付しています)

1970年に出版された本です。ベートーヴェンを訪ねたことがある人(弟子や音楽家、画家など)の証言や記録をまとめてあり、大変興味深い本です。

ベートーヴェンに興味がある方、一読されることをお勧めします。この本は、大変残念なことに現在絶版になっていますが、とても貴重な本だと思います。実際にベートーヴェンと会ったさまざまな人の意見から、ベートーヴェンの人間像をあぶりだしているのですよ。

この日本語の訳本の中では、ベートーヴェンが淹れたコーヒーに使ったコーヒー豆の数は「16粒」と書かれていますね。この「16粒」は、誤訳だったのですね。

以上、ベートーヴェンの淹れたコーヒー豆の数、「16粒」の謎が解明できた話でした。

こちらの記事もオススメ!